熱中症を防ぐ方法

熱中症を防ぐ方法

熱中症を防ぐ方法

朝食を食べる時に水分補給

熱中症予防のポイントをご紹介いたします。

 

1. こまめな水分補給

 

熱中症を予防するために有効な方法なのが、水分補給です。
熱中症とは体内の水分バランス、塩分バランスが崩れ、体温調節がうまく働かなくなり、熱が内側にこもり体温が上昇してしまう症状のことを言います。
熱中症対策で水分を取るときには重要なポイントがあります。

 

1つめがこまめな水分補給です。
喉が渇いたからとガブガブ冷たい水などを飲んでしまうと体内では急激な体温低下を防ごうとして尿と一緒に飲んだ水を排出してしまいます。熱中症対策を考える場合には飲み物は少しの量をこまめに飲むほうが効果的です。

 

2つめは塩分(ミネラル)の摂取です。
人間は汗や尿以外にも呼吸や蒸発などによって多量の水分を失っていきます。
そのときに体内の塩分も一緒に失っているのです。熱中症対策では水と一緒に塩分も補給する事を忘れないでください。スポーツドリンクやアクアクララなどは水分と一緒に塩分〈ミネラル〉も補給する事が可能なのでおすすめです。

 

 

2. 水分補給のタイミング

 

人間の身体には体内時計が存在しているといわれています。
その体内時計には日常の生活リズムに応じてお腹が減る、眠くなるなど様々な症状を表します。
体が求める(喉が渇く)のも体内時計の存在が非常に深く関わっています。

 

朝目覚めた時、朝食を食べる時、昼食を食べる時、スポーツの後、夕食時、入浴後、寝る前などには体が体内時計の働きによって喉の渇きを訴えますのでそのときにミネラルを含んだ水分補給をする事は非常に効果的な熱中症対策にもなります

 

 


熱中症予防で気をつける事

1. 温度・・・暑い真夏などで風などが強く吹く日には実際の温度より体感温度が低く感じる場合があります。しかしこの場合でも実際の気温が高いので熱中症の危険が多々あります。体感温度に頼るのではなく、実際の気温を注意する習慣を付けましょう

 

2. 休む・・・体に疲労がたまっているときは水分補給をしても吸収することが出来る量が減ってしまう場合があります。疲れを感じたら十分な急速と睡眠をとることが熱中症を防ぐのに効果的です。

 

 

3. 栄養補給・・・きちんとバランスのとれた食事をすることも熱中症予防には効果的です。野菜、魚、肉、乳製品、など好き嫌いではなく栄養補給を重視して食事をとることも大切です。

 

 

 

▼日本で最も飲まれている宅配水アクアクララ▼


アクアクララTOP RSS購読 サイトマップ
【実績】 【便利】 【安心・安全】 【おいしい】 【ミネラル成分】 【おしゃれなサーバー】